対策と予防

フェイシャルエステ

しみが出来る原因は紫外線をはじめ加齢やストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど様々な原因によって発生します。 特に紫外線での発生率が1番高く、しみの予防にはいかに紫外線対策が出来るかがしみの発生を防ぐ最も重要なポイントとなってきます。 紫外線は日差しの強い夏場以外でも1年中降り注いでいます。曇りの日も雪の日もです。ですから一歩外に出たら油断をせずに紫外線対策を忘れないことです。 対策方法としては日焼け止めクリームをはじめとする日焼け止め効果のある化粧品の使用、日傘、サンバイザー、日焼け止め効果のある衣類などの着用が効果的です。 家の中にいても窓ガラスから紫外線が入り込んでくることもあるのでUVカット効果のあるガラスやカーテンを取り付けることで対策はできます。

出来てしまったしみを消すには、美白効果のあるスキンケア用品の使用が効果的です。 特にビタミンCが有効ですので、ビタミンCの配合されている商品そしてサプリメントで内側から補うのも効果的です。 もっと確実に即効性を求めるのであれば、皮膚科や美容外科などでのレーザー治療やケミカルピーリング、光治療などを行います。 特にしみ治療にはレーザー治療が選択されることが多い傾向にあります。 レーザー治療は1度の治療で効果を得ることが出来、そしてしみ以外にも美肌効果もできる一石二鳥の治療方法です。 レーザー治療後6ヶ月間は、あまり刺激を与えないうように保湿を十分に行い紫外線には十分に気をつける必要があります。レーザー治療は冬〜春の時期が適しています。